PADIフリーダイビングカードのProject AWAREについて

PADIのフリーダイビングカードには、添付の写真に書いてある様に「Project AWARE」のデザインのカードは、発行されない。

「※Free Diver申請の場合は寄付金を頂いても通常デザインになります。」

しかし、私が持っているPADI MASTER FREEDIVER カードには、「Project AWARE」のロゴが入っている。

PADIジャパンに聞いてみた。お金を払うと「Project AWARE」ロゴだけが入るのか?

そうすると、返事は、Noということであった。私のPADIマスターフリーダイバーカードは、タイで講習を受けてアメリカで発行されている。

アメリカでは、スキューバダイバーの「Project AWARE」の申請には、10ドルがかかるが私はタイでそのお金を徴収されなかった。

きっと、アメリカでは、フリーダイビング講習の申請の時には、お金を徴収していないのだろう。

推測するに、PADIジャパンでは、フリーダイビングのカードがそんなに発行されないから、「Project AWARE」用のカードを作っていないのだろうと勝手に推測している。

なんといっても、フリーダイビングをやる人が少ないから、生徒用のテキスト(e-book)の導入を見送ってしまったのだから。

まぁ、PADIのフリーダイビングのインストラクターは、日本に10人いないだろうしPADIアドバンスドフリーダイバーカードを発行できるのは4人しかおらず、その中でも活動しているアドバンスドフリーダイビングインストラクターは、2名しかいないと思われる。それでは、カード発行枚数も限られてしまいますよね。

フリーダイビングって、スキンダイビングの延長で安全に潜る為に学科講習、プール講習、海洋講習の内容がはっきりしていて、楽しいんですけどね。

私がスキンダイビングを教えていて、そこそこの割合でフリーダイバー講習を受けますからね。

地球には、陸だけでなく海もあります。遊ばない手は、ないですよね。

フリーダイビングを習って、安全に楽しく潜りましょう。