PADIアドバンスドフリーダイバーコース開催(プール)

先日(20180916)に、スキンダイビングコースも出来るダイビングプールのあるペガサスにて、PADIアドバンスドフリーダイバーコースを開催しました。人数は、6名。皆さん、学科講習を受け全員1発で2種類の試験をパスして、実技へ。初っ端からスタティック(息止め)2分半をクリア。残り2回も終え一人の女性は、4分17秒を達成。簡単に次のマスターフリーダイバーをもクリア出来るタイムでした。勿論、アドバンスドフリーダイバーのダイナミック50mも簡単に皆さんクリア。その他にもマスクなしや片足で泳ぐ課題もクリア。皆さん、好成績にてアドバンスドフリーダイバーコースのプールを終えました。さぁ次週は、アドバンスドフリーダイバーの海洋講習です。海況が良いといいですね。

PADIフリーダイビング講習(フリーダイバー) in 大瀬

今年最後から2回目のPADIフリーダイバー講習。と練習会。10月に当初あったフリーダイバー講習は、なくなりスキューバダイビングの講習になってしまいました。今回は、PADIフリーダイバー講習は、2名ですがその他のフリーダイビングの練習者は、5名の予定が4名に。4人と3人のフロートに別れて講習組と練習組になりました。(因みに練習代は1人送迎込5000円)皆さん、20m近くの砂を持ってくる持ってくる。出来る女性は、20m近くで水中景色を見ながらダイコンとにらめっこ!1分半も水中にいるから凄い!本日、PADIフリーダイバー取った方も、フリーダイバー講習Maxの16mに行っていました。来週末は、PADIアドバンスドフリーダイバー講習、沢山のフリーダイバーやアドバンスドフリーダイバーが、誕生しそうです。(写真:フリーダイバーが水深10m以上潜る時には、サポートダイバーが迎えに行きます)

フリーダイビング海洋練習20180825in大瀬

ちょっと風が吹いていましたが、波は少なくフリーダイビングの練習が出来ました。多くの方が、20mへの水深への挑戦をして出来ていました。フリーダイビングのプールでのダイナミック50m出来る方で耳抜き問題ない方は、極意をお教えするとスルスルと20m往復できていました。勿論、PADIのマスターフリーダイバーマニュアルにもある通り、20mへの潜水は回数限定です。海では、安全に楽しく潜りましょう。PADIフリーダイビングのテキストにもある通り、パッキングはしないで20mいきます。皆様、お疲れ様でした。GoProで動画を頂いたので、載せます。

Although the wind was blowing for a moment, the waves were few and I was able to practice free diving. Many people made it by challenging the water depth to 20 meters. Dynamic 50 m in the pool of free diving If you can tell the things that you do not have problems with ears, you could do it 20 m back and forth with Susul. Of course, as it is also in the master free diver manual of PADI, diving to 20 meters is limited for a limited number of times. Let’s divide safely and happily in the sea. As you can see in the text of PADI free diving, we do not pack and we will go 20 meters. Everyone, thanks for your hard work. Since I got a video with GoPro, I will post it.

御蔵島でドルフィンスイム20180907

今年初めての御蔵島ドルフィンスイムツアー。全部で9名、うち7名が、フリーダイバー。潜れるフリーダイバーは、ガンガン潜っています。今回もイルカと絡めて良かった~!

第12回PADIベーシックフリーダイバーコース開催20180902

先日、12回目のPADIベーシックフリーダイバー講習を行いました。今回の生徒さんは1人、マンツーマンで沢山時間があり濃密な講習が出来ました。特に耳抜き特訓は、結構お役に立てたようです。たまには、こういうまったり講習があっても良いかな。合格おめでとうございます。お疲れ様でした。

第7回PADIフリーダイバー講習20180818in大瀬

先日、PADIフリーダイバー講習を行いました。参加者5名なので、2人と3人に分けて講習をしました。(PADIフリーダイバー講習は一度に講習できる人数が4人の為)
やはり、余裕がある方とない方の差は、はっきりしていますね。プール練習に来ている人で余裕がない人はいないようです。だいたい、練習している方は、アドバンスドフリーダイバーを目指している方が、多いですね。
なにはともあれ、皆さん耳抜きが出来て良かった。
フリーダイバー5名合格おめでとう!

The other day I did a PADI free diver course. Since there were five participants, I divided into 2 people and 3 people and took a class. (PADI Free Diver course is for 4 people who can train at once)
After all, the difference between those who can afford and those who do not have plainness is clear. There seems to be no one who can not afford the person who is coming to the pool practice. Mostly, those who practice are many who are aiming for advanced free divers.
It was good for everyone to be able to equilibrate pressure.
Congratulations on 5 PADI freedivers passed!

第11回PADIベーシックフリーダイバー講習

今回は、フリーダイビングの講習を神奈川県、埼玉県、東京都から各1名ずつ、受けに来ていました。まずは、JR東船橋駅のなか卯前に8時半集合。車移動でお昼をコンビニで買って現地ペガサスダイビングプールに到着。9時過ぎより学科講習が始まります。11時過ぎ迄、学科説明実施。そこから二つの試験があります。両方とも75点以上取る必要があります。今回も事前にテキストを送付していました。今回、初めて不合格者が出てしまいました。すみません。再試験により合格しました。3人とも、その後のプール実技共に、合格出来ひとりのベーシックフリーダイバーが誕生しました。残りの2名は、次週のフリーダイバー講習で、フリーダイバーに挑戦します。ひとまず、皆さん、合格おめでとうございます。

PADIフリーダイビングカードのProject AWAREについて

PADIのフリーダイビングカードには、添付の写真に書いてある様に「Project AWARE」のデザインのカードは、発行されない。

「※Free Diver申請の場合は寄付金を頂いても通常デザインになります。」

しかし、私が持っているPADI MASTER FREEDIVER カードには、「Project AWARE」のロゴが入っている。

PADIジャパンに聞いてみた。お金を払うと「Project AWARE」ロゴだけが入るのか?

そうすると、返事は、Noということであった。私のPADIマスターフリーダイバーカードは、タイで講習を受けてアメリカで発行されている。

アメリカでは、スキューバダイバーの「Project AWARE」の申請には、10ドルがかかるが私はタイでそのお金を徴収されなかった。

きっと、アメリカでは、フリーダイビング講習の申請の時には、お金を徴収していないのだろう。

推測するに、PADIジャパンでは、フリーダイビングのカードがそんなに発行されないから、「Project AWARE」用のカードを作っていないのだろうと勝手に推測している。

なんといっても、フリーダイビングをやる人が少ないから、生徒用のテキスト(e-book)の導入を見送ってしまったのだから。

まぁ、PADIのフリーダイビングのインストラクターは、日本に10人いないだろうしPADIアドバンスドフリーダイバーカードを発行できるのは4人しかおらず、その中でも活動しているアドバンスドフリーダイビングインストラクターは、2名しかいないと思われる。それでは、カード発行枚数も限られてしまいますよね。

フリーダイビングって、スキンダイビングの延長で安全に潜る為に学科講習、プール講習、海洋講習の内容がはっきりしていて、楽しいんですけどね。

私がスキンダイビングを教えていて、そこそこの割合でフリーダイバー講習を受けますからね。

地球には、陸だけでなく海もあります。遊ばない手は、ないですよね。

フリーダイビングを習って、安全に楽しく潜りましょう。

フリーダイビングの自作セーフティーラニヤード改良

以前にセーフティーランヤードを自作して使っていましたが、バーチカルラインを引っ掛けるフックを使いやすい物に作り変えました。この2つの部品(ステンレスDフック1500円、ステンレススイベル730円)と伸びる自己融着テープの部品です。
AIDA international の競技規則にセーフティーランヤードの規格が書いてあります。それをクリアーすれば、自作でも問題ありません。

PADIアドバンスドフリーダイバーインストラクターカード

きっとこの「PADIアドバンスドフリーダイバーインストラクターカード」は、日本には、現在4枚しかないのではないかと思う。T社を辞めた元世界フリーダイバーチャンピオン「廣瀬花子」さん、T社長のYさんと店員さん1名の3名と私だと思う。
これから私は、PADIマスターフリーダイバーインストラクター目指して、頑張ります。
余談ですが、「PADIアドバンスドフリーダイバー」カードって、ネットに転がっていない。普通なら、誰かがネットにアップして、Googleの画像検索すると出てくるのだが、ないんですね。自分で認定して、写真を撮らせてもらおうかな。(笑)

フリーダイビング練習を同じ水深でも。。。

PADIフリーダイバー講習10mを何回も行って、その後の練習でmaximum水深16mまで何回も生徒さんを見守り、行ってくる。すると、以前より楽な感じで潜れている気がする。自分のmaximum水深までは、潜らないが確実に潜った回数だけ効果があると思う。一年前に10mで、感激してフリーダイバーを取った方もいとも簡単に気負いせず、12mを超えている。やはり、CWTも回数こなした人が、かなり有利である。いかんせん、ダイナミックと違い、CWTは回数多く開催できないのが、玉に瑕であるが。

第6回フリーダイバー講習in大瀬

今回(2018/07/16)は、フリーダイビングの海洋講習を行いました。フリーダイバー講習(2セッション)は、Max4名までしか講習できないので、2回の4セッション講習をしなければいけません。フリーダイバー講習は、アドバンスドフリーダイバー講習ほど、難易度は高くないので、楽に講習できます。
今回も50m平行潜水できる方ばかりでしたが、フリーダイバー講習での落とし穴がもう一点見つかりました。今回、6名のうち、1名が途中でリタイヤしました。今までリタイヤした人の理由は、波酔い、耳抜き不良でしたが今回は、視界不良らしいです。怖くなって、リタイヤしてしまったようです。波酔いするが透明度が良い所ではなく、ほぼ年中海況が安定しているが、透明度が悪いことがあるポイントを選んでいます。しかしながら、透明度が悪いと言ってもいつもスキューバダイバーが潜っており、5mも潜れば10mのウエイトが見えてきます。それでも、慣れていない人には、無理なのでしょう。今回は、6人中5名がPADIフリーダイバーに合格でした。1名さんは、ベーシックフリーダイバー止まりでしたが、入門コース合格目指して頑張って欲しいですね。

ベーシックフリーダイバー講習(第10回)

10回目のベーシックフリーダイビング講習を行いました。
(2018/07/15)今回は、7名のMAX。
現地まで来てくれる人がいれば、8名まで講習が可能です。
学科講習を9時半から12時まで。12時から試験です。試験は、なんとか皆さんクリア。
兎に角、真面目にテキストを作って40ページ以上説明していますので、時間かかります。
プール実習と試験は、皆さん何回かプールで練習しているため、楽にクリア。
少し大変だったのが、90秒の息止めでしょうか。通常3回やるとうなぎのぼりに記録が伸びるはずなのですが、ダダ下がりの方もいらっしゃいました。
きっと、慣れてもいないからなのでしょうか。
とりあえず、7名全員学科試験、実技試験に合格できました。
そのうちの3名は、明日のフリーダイバー講習に挑戦します。

We conducted the 10th basic free diving seminar. This time, 7 MAX who can get in the car.
If there are people who will come to the site, up to 8 lectures are possible.
Department course from 9:30 to 12:00. It is an exam from 12 o’clock. Everyone cleared up the exam.
In rabbit, it takes time to make texts seriously and explain over 40 pages.
Pool practice and exams are easy to clear because you practice in the pool several times.
Is it a little hard, is it a breath holding for 90 seconds? Recording is usually done in an eel free to try three times
It is supposed to grow, but some people have dropped down.
Perhaps because I am not used to it.
For the time being, we were able to pass all seven students and practical examinations.
Three of them will try tomorrow ‘s free diver course.

第5回フリーダイビング講習(大瀬)

5回目のフリーダイビング講習を行いました。(2018/07/14)今回は、1人待ち合わせ場所に来ません。電話しても応答なし。仕方ないので、フリーダイバー講習は3人になりました。あとの3人は、フリーダイビング練習です。

いつもどおり、フロートの設置に手間取ります。だいぶ慣れてきたので、次回はもう少し短くなるでしょう。ロープの長さを切って調節しないと、いけませんが。

3人の講習開始。今回は、3人共問題なく耳抜きがOK。練習組は、耳抜きが本調子でない模様。

とりあえず、3名のフリーダイバーが誕生しました。

もっと上を目指してもらえると嬉しいです。

フリーダイビングの安全もインストラクター次第!?

夏にハワイに行くので、スキンダイビングでも家族で出来るかなと思い、「オアフ島 スキンダイビング」で、探していた。前から気になっていた日本人女性がいて、インストラクターでもないが、スキンダイビングを教えている。まぁ、それはそれで受ける人の自由で良いのだが、質問を受けた。
「PADIのフリーダイバー講習でパッキングを教えるんですか」と驚いていた。まぁ、考えられるのは、昔からやっている某ショップでの講習だろう。以前そこには有名なプロのフリーダイビング競技者がいた。競技者にパッキングは必需品だが一般人のフリーダイバーはリスクを求めていない。更にパッキングについてPADIでは、競技者向けの内容は範囲外と書いてある。アドバンスドフリーダイバーを教える時にパッキングは、するなと書いてある。
「過膨張傷害や肺のスクイズを避けるために、肺のパッキングは行なわないこと」
どうやら、フリーダイバー講習で、パッキングを教えているらしいのだ。頼むからちゃんと、PADIのフリーダイビングインストラクターマニュアルを全て読んで欲しい。

JAS(日本フリーダイビング協会・年会費6000円)に入っていると、メーリングリストで色々な大会や大会規約も含む情報を送ってくれる。以前、AIDA Internationalよりパッキングによる肺の損傷3件についての周知もあった。2件は気胸 (気胸=肺胞の破裂) 、1件は死亡(空気塞栓症)である。(2015年4月周知)なのでAIDAでは、パッキングを推奨しないと明言している。

某ショップのアドバンスドフリーダイビングの生徒用テキストには、パッキングについて記述はない。私のアドバンスドフリーダイバーテキストには、インストラクターマニュアルに書いてある通り記述がある。これもおかしな話だ。なぜこういう事が起こっているかというと、PADIのフリーダイビングの生徒用テキストは、翻訳されていないのである。日本のPADIは、インストラクターマニュアルだけ日本語化したが、生徒用のテキストは、e-booksとなっている為、翻訳しなかったのだろう。なので、その国の言語のテキストがない場合は、インストラクターがインストラクターマニュアルに書いてある内容を伝えなければならない事になっているのだ。なので、MAXな講習の情報は、インストラクターマニュアルに書いてあるのだ。それを抜粋してインストラクターやショップでフリーダイビングテキストを作成するのだ。なのでここで、大きな差が出てしまう。某ショップのホームページにも、パッキングの事が書いてあるのはいいが、やらない方が良い事を明記するべきであろう。それどころか、インストラクターがフリーダイバー講習中に推奨しているようだが。。。

大会での選手のパッキングによる気胸は、私も聞いたことがある。その時は、50回もパッキングするなんてと思っていた。私のタイのタオ島での師匠も、パッキングについて勧めてはこなかった。やってはいけないことだからだ。日本のフリーダイバーの殆どは、パッキングをしてるのだろう。
パッキングよりもマウスフルを習得してほしい。フリーダイビングもスキューバダイビングと同じく情報の世界。フリーダイビングの安全が、自分で情報を収集するしかないというのもおかしな話しだ。

フリーダイビングの団体について

フリーダイビングの団体は、沢山ある。スキューバダイビングほどではないが、沢山ある。スキューバダイビングもそうだが、安全に関する内容が、変わってくる。スキューバダイビングでデータが集まって変わってきた事が、減圧症に関することだ。大手のPADI、NAUI、SSIがあるが、初めは、飛行機搭乗は、エキジット後12時間とか18時間と言われていた。データが集まってきて、DAN(ダイバーズ・アラート・ネットワーク)が、24時間推奨と大々的に発表したのだ。その前に当然ある有名団体は、ダイブテーブルにシールを貼って下さいと新規購入用のテーブルには、ついていました。
しかし、ある団体は、いつまでもそのまんま。。。
何故なんでしょうね。
フリーダイビングは、そういう機関(DANみたいな)がありません。
フリーダイビングの減圧症についても、データは公にされていませんが、選手の中では、50m以上潜るときには、酸素減圧は、必須のようです。
しかし、私の属しているPADIでは、20mから減圧症になる症例があるらしく20mの深度の潜水は、回数が制限されているテキストになっています。
他の昔からの団体など、そのような事はなく、昔自分で作ったのか、英語版を抜粋訳したのか、記述はありません。PADIは、英語版を本社で作成し各国の支社で各言語に翻訳して、出しています。PADIは、SSIよりも後発の最新の情報を盛り込めているはずなので、情報を取り込んでいれば、最新のテキストになります。
他にも色々とやらない方が良い事をAIDAがあとからあとから推奨していますが、そのひとつに、パッキングやネガティブCWT練習。もちろんPADIでは、パッキングを推奨しておらず、AIDAも遅れて推奨しないことを発表しています。PADIアドバンスドフリーダイバーでは、陸で息を全吐きしてフレンツェル圧平衡の練習はしますけど、水中ではやりません。
ネガティブCWTもPADIでは推奨しておらず、FRCを推奨しています。
昔からやっている人は、自分の身体の為にもPADIフリーダイバーからマスターフリーダイバーまで受ける事をお勧めします。

タイ に昔からある、フリーダイビング団体では、ネガティブCWT講習のオンパレード!まぁ、私には関係のないことなんですけど、そのフリーダイバーの認定証をもった方が、一緒に練習しているんですよね。
団体違うと、色々と内容が違って困ること出てきたりするのかな。
因みに、棒ショップの生徒向けテキストを見せてもらいましたが、「え?」でした。日本のPADIさんは、生徒用のマニュアルを提供しておらず、インストラクターマニュアルに書いてある事を伝えてくれとなっています。
インストラクターによって、全く違った内容になっています。
私のマニュアルは、フルフルに載せていますけどね。
これもまた、どうなんでしょうね。
私のPADIフリーダイビング講習受けた方は、そういう点ではとてもラッキーだと思います。きっちりと、テキストを読んで下さいね。ボリュームありますけど。
それから、学科講習をするので、沢山の事が学べますよ。
私の生徒さんは、PADIでフルテキストで受講出来て良いですね。

PADIアドバンスドフリーダイバー講習内容

PADIアドバンスドフリーダイバーコースについて

7月中旬のフリーダイビング講習(PADIフリーダイバーコース)開催時に台風が直撃しなければ、9月にPADIアドバンスドフリーダイバーコースを開催予定です。

以下に、全てではありませんが、PADIアドバンスドフリーダイバー講習内容を抜粋してみました。

★プール講習

・横隔膜ストレッチ全吐きして、フレンゼル圧平衡

・スタティック2分半以上の息止め

・ダイナミックでネックウエイトを使い顔を上げ水中背面潜水

・3回のダイナミック中、一度は50m以上

・ダイナミックで両方のフィンを履いて泳ぎだし3mで片方のフィンを外して、その後20m以上潜水する

・18m以上泳ぐ中、マスク、ノーズクリップ無しでダイナミック潜水する。

・水中ブラックアウト者レスキュー&レスキュー呼吸曳行、引き上げ

★海洋講習

・10m以上でマスクを取り外し、浮上する。

・20m以上3回CWT(コンスタントウエイト)を実施する。

・10m以上からの片方のフィンだけでの浮上。

・10mの事故者のレスキューとレスキュー呼吸しながら20mの水面移動。

PADIアドバンスドフリーダイバー講習コースは、盛り沢山の内容ですね。

フリーダイビングやっています、というからには、アドバンスドフリーダイバーを取りたいですよね。

今年最後のダイビングプールでのフリーダイビング練習会かも

昨晩は、東京辰巳国際水泳場のダイビングプールにて、フリーダイビングの練習会を行いました。総勢45名。基礎講習終了してダイビングプール初めての方は、いつも通り中級無料講習を行いました。横では、フロートにウエイトを沈めフリーイマージョンにて水底5mで、スタティックグループが練習したり、グループで行動しています。
中級講習が終わると個別耳抜き講習が始まります。
耳抜きがわからない人、不得手な人、頭を逆さまにすると耳抜き出来ない方など、9名の方が講習を受けました。やっぱりやっかいなのは、頭を下にすると耳抜きできなくなる人。まず検査をしてどの程度なのか状況を確認します。それから、どの様に潜ればよいのかアドバイス。耳抜き参加した方にオトベントの説明をして耳抜き講習終了しました。後は、通常プールで平行潜水練習するのみ。頑張って下さい。
今週末は、スキューバダイビングツアーにてDM生徒4名、DM1名、出来の良過ぎる初心者2名を連れて、一泊二日伊豆のIOPに行ってきます。
その次の三連休は、フリーダイビング講習(海洋大瀬、ダイビングプール、海洋大瀬)日帰り3連チャンが入っています。しがないボランティアインストラクターなので、週末しか潜れません。でも頑張ります。8月もベーシックフリーダイバー講習、フリーダイバー講習が続き、9月にはアドバンスドフリーダイバー講習のコースが、開催予定です。初めてのアドバンスドフリーダイバーコースは、どんなでしょうね。乞うご期待です。って、次の記事で載せようとしていますけど!(^_^;)

PADIフリーダイバーコース終了20180630

昨日は、PADIフリーダイビング講習を行いました。フロートも練習用にもう1つ購入しました。車でフロートを膨らませられる電動ポンプを購入しましたが、うまく膨らませられずに、手動の自転車のタイヤを膨らますポンプにて、膨らませました。予備を持って行って良かったです。フリーダイビングのフロートを二つほど膨らまし、練習組、講習組に説明をします。説明後、フロートを設置。今回は、片方のフロートの結び方がおかしくて、簡単にほどけず時間がかかり、練習組に迷惑をかけてしまいました。そうこうしているうちに、講習組1セッション目は、終了。みんなで引き上げて、昼食を取りました。
昼食は、少な目に!!
2セッション目、FIMでならした後にCWT10mへの挑戦です。最初、有望株女性2名とも耳抜きが頭を上にしないと抜けにくい方。うまくいかず、後回し。フリーダイビングには、ありがちですが今回参加の4名は、50m以上フリーダイビングのダイナミックで、平行潜水できる猛者達。きゃー、ということで、三人目は、一度タイミング合わなかったのかやり直したけど、二度目は、うまくCWT10m完了。4人目は、初めから耳抜きがうまくできていない方で、台湾付近に台風があると気圧で耳の調子が悪いと行っている方。万事休すかと思いきや、後で聞くと、一度だけ耳抜きがうまく出来て、クリア。やった。
また、1人目、二人目に戻り、再度チャレンジ。今度は、危なげなくうまくクリア。フリーダイビングのPADIフリーダイバーコースをうまく、4人でクリアできました。4人のフリーダイバーさん、おめでとうございます。
良かった良かった。

フリーダイビングの潜水記録を伸ばす練習方法

だいたいスキンダイビングやドルフィンスイムでもっと潜れるようになりたいと講習を受けに来る。

他でも講習を受けている方もやってくる。そこで長く続けて行く方は、半分以上がフリーダイビングの講習を受けてフリーダイバーとなっている方が多い。

旅行等が決まっていて潜る前の初講習を受けたい方は、継続率が少なく潜水距離も伸びないままだ。

しかし最近わかってきたのだが、フリーダイビング練習をしていて「ターゲット」(自分の最高並行潜水記録までかそれ以上泳ぐ)を仲間と一緒に各々の記録目指してやっている方は、確実に平行潜水距離が伸びている。今まで50m止まりだった人が記録が伸び始めている。

ターゲットを何回も繰り返していると兎に角、速いテンポで自己記録が伸びていくのだ。みんなで見守っていて安心感もかなりあるのだろう。

だいたいそういう方は、週一位は練習に来ていますけどね。さぁ、みんなでターゲットの練習を頑張ろう。もちろん、今日は今週3回目の練習です。

フリーダイビングをするフリーダイバーは、集まって下さいませ。

1 2 3 5