パルスオキシメーターとフリーダイビング

2020年5月13日

長く競技を行っているフリーダイバーの一部の方しか知りませんが、フリーダイビングにて、パルスオキシメーターという医療器具を使って、身体のバロメーターを表示することが出来ます。最近、パルスオキシメーターという名前を一部で聞くようになりましたが、これは血中酸素濃度を計る医療器具になります。フリーダイビングの大会などで、受付時に血中酸素濃度が正常かどうか確認することがあります。個人で使うとしたら、部屋でのスタティック後に血中酸素濃度を計ってどこまで耐えられるか練習に使う方もいます。(陸にてスタティック練習をする場合には、やり方をフリーダイバーインストラクターに習って下さい)
因みに輸入品などの安いパルスオキシメーターは、大抵酸素濃度を低く出しますので、病院と同レベルの物を購入しましょう。値ははりますが正しい値が表示されます。でも、それを知らないベテランフリーダイバーさんが安物のパルスオキシメーターにて数値を低く計っていたのでちょっとがっかりしたのはかなり昔のことです。

記事

Posted by ぽんた