PADIマスターフリーダイバーがようやく取れましたinタイのタオ島

日本では、PADIマスターフリーダイバーを取ることが出来ません。なので、仕方なく英語で教えてくれる所まで取りに来ました。始め、インドネシアのバリ島の某?poni diversに連絡してみました。初めは、快調でしたが私がPADIインストラクターであることがわかると、メールの返信がなくなりました。そりゃ、私が日本でPADIアドバンスドフリーダイバー以上を認定してしまえば、バリ島まで行って受講する方が減ってしまいますからね。日本語は、諦めましたので英語にてPADIマスターフリーダイバーを受講出来る所をかなり探しまくりました。
しかし、当時世界中を探してもどこにもありません。
それは、何故でしょう。PADIは、よく考えられていていきなり27m潜れるからといって経験ない人をマスターフリーダイバーインストラクターにはしません。水深10mまで潜れる人の認定(PADIフリーダイバー)を25人認定すると、PADIアドバンスドフリーダイバーインストラクターになることが出来て、20mまで潜ることが出来るPADIアドバンスドフリーダイバーを認定できます。
(その為にはPADIマスターフリーダイバーを持っていないといけません)
更に、PADIマスターフリーダイバーインストラクターになるには、PADIアドバンスドフリーダイバーを10人以上を含む、PADIフリーダイバーとPADIアドバンスドフリーダイバーの合計の認定数が、50人にならないとPADIマスターフリーダイバーインストラクターになることが出来ません。
兎に角、沢山のフリーダイバー達の認定をして経験を積まないと、一番上のPADIマスターフリーダイバーインストラクターには、なれないんですね。
今、PADIマスターフリーダイバーインストラクターの方は、他団体で、同等なそれだけの認定数があるとなれます。

今回の講習は、良いインストラクターにも恵まれて良かったです。たまたまインストラクターコースを受けている女性マスターフリーダイバー2人と一緒にトレーニングしていました。同じくして、フリーイマージョン20m潜るし、27mも潜っちゃうし、ダイナミックトレーニングでは、60m潜水しちゃうし凄いですね。講習だけでなくトレーニング沢山しました。本当は、ただ単に1回水深深く潜るだけでなく、いつでも安全に余裕を持って潜るのが良いですよね。その為のトレーニング、ただ単にカードホルダーでは、意味がないですものね。
PADIフリーダイビングの質も上げていきたいですね。

ようやく今年中に、PADIアドバンスドフリーダイバーインストラクターになれる目処が立ちました。早くて8月。沢山、みんなで海洋トレーニングも積んで、PADIマスターフリーダイバーインストラクター目指して頑張ります。
何事も目標に向かった第一歩から。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加